ジャズCD通販専門店「JazzTrain」 ジャズの音楽CDを販売。廃盤から名盤まで!紙ジャケ・廉価版CDの在庫充実!中古CD高価買取中
 
 
 
 

 
  • トップ
  • アーチスト(G)
  • [新品CD]紙ジャケ ジェラール・ラインゴ・アンド・ヒズ・フレンズ/トゥ・ビー・ポップ・オア・ノット・トゥ・ビー・ポップ? (VSCD-9395)

[新品CD]紙ジャケ ジェラール・ラインゴ・アンド・ヒズ・フレンズ/トゥ・ビー・ポップ・オア・ノット・トゥ・ビー・ポップ? (VSCD-9395)

商品名 : [新品CD]紙ジャケ ジェラール・ラインゴ・アンド・ヒズ・フレンズ/トゥ・ビー・ポップ・オア・ノット・トゥ・ビー・ポップ? (VSCD-9395)

商品コード : MK8410

製造元 : VSCD-9395

通常価格 : 2,808

割引率 : 5% OFF

価格 : 2,668円 (税込)

ポイント : 26

数量 :    △残りわずか

 おまかせ便、CD2枚〜4枚の注文で送料無料

 ★取寄・予約商品を含む注文→入荷後一括発送
 当ショップは、ご注文ごとの発送です
 お急ぎの場合は、別々にご注文下さい。
 ★予約商品について
 通常は、発売日前日又は発売日に発送しますが
 予約状況により2〜4日後発送になる時があります。
  
 ★取寄商品が含まれる銀行振込、コンビニ決済の場合 
 必ず「メーカー在庫あり」のメール確認後、振込を!
知られざる、でも、全編最高にヒップな60’sフレンチジャズダンサーの名盤が正規復刻!
“衝撃的”と言うべきグルーヴに支配された、ダンディで華麗なジャズダンサー満載の1枚。
一度そのクールネスに触れた瞬間、虜になってしまうかもしれない危険なフレンチジャズの傑作なのです。
 
先立ってプロダクション・デシネから正規復刻されたフレンチ・ボサジャズの最高峰『ダニー・ドリス』(VSCD-9384)と同レーベルからのリリースで、型番も連番!
これはマストです!
真っ赤なジャケットも鮮烈なフレンチジャズの“幻”盤が復刻。
フランスのピアニスト、ジェラール・ラインゴが1960年代の終盤に人知られず吹き込んでいた幻の作品が本作『トゥ・ビー・ポップ・オア・ノット・トゥ・ビー・ポップ?』です。そのシンプルなジャケットのデザイン、あるいはそのタイトルからも推測可能な通り、本作は一般販売を主目的とした作品では無かったようで、リリースされた当時から殆ど知られる事無く現在に至ったまさに幻といっていい激レアな一枚!
 
ジェラール・ラインゴ・アンド・ヒズ・フレンズのグループ名通り、ジェラール・ラインゴのピアノを中心に、パーカッション、ホーン隊を交えた八重奏が基本のラインナップ。
全編ソリッドな演奏が渋いのですが、何と言ってもフランス産ならではのエスプリを効かせたサウンドがとにかくエレガント。
怒級のリズムで聴かせるファンキージャズから、ラテンジャズ、スリリングなバップジャズにクールなモーダル、ボサジャズまで、ヴァラエティに富んだ全体のバランスも秀逸です。
まずは怒濤のドラムソロで幕を開けるファンキージャズ「La Planterre」で度肝を抜かれる事でしょう。
しなやかな転調でスピードアップする曲展開も鳥肌モノ。
続く高揚感溢れるホーンのフレーズとアグレッシヴなピアノが秀逸な疾走ナンバーM-2もラテン調へのシフトチェンジがとにかくクール。
この二曲だけでも本作のクオリティは簡単に伝わるかと思われますが、さらにエレガントなボサジャズのM-3、重厚なビートとギターのカッティングが聴いたジャークジャズM-7、スリリングなバップジャズのM-6、M-8も男前のジャズダンサーで見事。
情感豊かなトランペットとトロンボーンの絡みがメランコリックなバラッドM-9など、メロウサイドも含め、全曲スゴいのですが、何と言ってもキモはそれぞれオリジナルのアナログ盤でラストを飾ったM-5、M-10の二曲。
スタイリッシュなラテンジャズの前者はクラブジャズ・ファンが聴いても鳥肌モノですが、さらにスリリングな曲調で踊らせてくれるのが華麗なモーダルジャズダンサーの後者がスゴい。
このクオリティの高さ、伝わるでしょうか?(インフォより)

VSCD-9395
production dessinee
紙ジャケ仕様
発売日:2011/07/13

1. La Planterre
2. Claude’s Garden
3. La Route De Clairval
4. L’ermite En Folie
5. Vallee Blanche (White Valley)
6. Au 50, On S’amuse
7. Le Blues De Giverny’s
8. Re-Go
9. L’altea bleu
10. Hocken Bar

演奏:
ジェラール・ラインゴ・アンド・ヒズ・フレンズ

ページトップへ